│流産から立ち直る│あのとき妻に言えなかった夫の気持ちと本音

こんにちは。

流産したときのパートナー(夫)の対応に悲しくなってしまった…という女性はとても多いです。

  • 流産を告げたとき、夫が何も言ってくれなかった。
  • 流産手術の当日なのに、家事も育児もいつも通り自分がやった。
  • 流産して間もないのに、夫は飲み会続き。
  • 流産してすぐに夫から「次があるよ」とアッサリ言われた。

 

「このまま夫婦関係を続けていくのは、もう無理。」もしかしてそう感じている人もいるかもしれません。

「夫は私のことや、赤ちゃんのことなんてその程度だったんだ」と不信感が募っている人もいるでしょう。

そこで、あなたには話せなかった流産後の気持ちを「3年以内に妻が流産した経験がある男性」に聞いてみました。
※プライバシー保護の観点から、体験談は本人が特定できないようにしています。ご了承ください。




 

妻が「流産した」と知ったときの夫の気持ちは?

妻から「流産したみたい」と告げられた夫

この時に夫から満足のいく対応をしてもらえなかった・・・と、今でも心の傷になっている女性がたくさんいます。

では妻から流産を知らされた夫は、どのような気持ちだったのでしょうか。

どうしていいか本当に分からなかった

僕が流産を知らされたのは、検診に行った日の夜でした。
今朝まで普通通りだったので、「流産した」理由や意味が本当に分からなかった。重いものを持ったのかな、無理したのかな、転んだのかな・・・そんなことが頭の中に出てきたけど、結局言えたのは「どうして?」の一言。「私だって分からないよ!」と妻を怒らせてしまいましたが、そのあとも言葉が見つかりませんでした。考えれば考えるほど、何も言えなかったんです。

 

自分もショックだった

妻が34歳という年齢もあり、当時は一緒に不妊治療を始めたばかりでした。生理が来るたびショックで寝込んでしまう妻を見ていたので、妊娠したときは誰よりも嬉しかった。だから流産したと聞かされた時、あまりにショックで「そうか」としか声をかけてあげられませんでした。妻は「それだけ?悲しくないの?自分の体じゃないもんね」と怒りましたが、それ以上に僕もショックだったのです。

 

励ますのが一番だと思った

流産したのはショックでしたが、僕の妹も2度流産を経験していたのである程度覚悟は出来ていました。だから「初期にはよくあることだから。次、頑張ろう!」と励ましました。でも流産してすぐの彼女は、「次」という言葉にすごい傷ついたようで・・・。「命を何だと思っているの」と部屋を出て行ってしまいました。あのあと謝りましたが、ずっと後悔しています。

 

奥さんがあまりに落ち込んでいると、男性は「俺がちゃんとしなきゃ」って思うみたいです。

そのせいか、表面上は「流産にショックを受けていない」ように見えてしまうかもしれません。

 

でも夫の体験談を通して分かったのは、妻と同じように流産を悲しいと思う気持ちがあったということ・・・。

ほとんどの人が「何を言っていいのか分からない」と回答しています。

 

そして励ましてくる夫のほとんどが、「良かれと思って」声をかけてくれていることも分かりました。

女性としては「がんばれ」とか「次がある」と流産直後に励まされるのは腹ただしいことですが・・・。

優しい気持ちから来た夫の発言だと思えば、当時の辛い気持ちから卒業できるかもしれません。




 

妻の流産手術に夫は付き添った?※稽留流産・不全流産のケース

妊娠初期の稽留流産もしくは不全流産の場合は、日帰り手術が必要です。

このとき夫は付き添ってくれたのでしょうか?付き添えなかった場合、夫はどう感じていたのでしょうか。

今となっては聞きにくい夫の気持ちを教えてもらいました。

 

付き添えることを知らなかった

妻に「2日後の午前中に、流産の手術をしてくる」と聞かされました。
正直言うと夫が付き添えることを知らなかったです。付き添えたのなら、あの時会社を休んででもそばにいてあげればよかった。

 

付き添いました

妊婦検診には毎回夫婦で行っており、その時に超音波検査で心拍停止の流産が分かりました。だから流産手術をどうするかや同意書のサインもその場で・・・。(気持ちの整理はついていませんでしたが)
彼女の体調がよくなかったこともあり会社には妊娠を伝えてあったので、事情を説明して流産手術当日は休みをもらいました。手術についていてあげられるわけではないですが、せめて目が覚めたときに横にいてあげたかったので・・・。

 

付き添えなかった

評判の良い産婦人科が良いという妻の意向で、自宅から車で20分くらいかかる産婦人科に通っていました。だから手術当日は送り迎えをしてほしいと頼まれたのですが・・・会社に流産したなんて言えないと断ってしまいました。
流産当日に僕がタクシーの手配をしましたが、数日間口をきいてもらえませんでした。他の男性は送り迎えしているのでしょうか?

 

流産の手術に付き添ったという男性はかなり少数

ちなみに私は引っ越しが多かったこともあり4つの産婦人科を経験していますが、どの産婦人科も「付き添いはいらない」というスタンスでした。

でも流産手術後に一人で目が覚めたときの喪失感や悲しい気持ちを思い出すと、夫に付き添ってもらえたら本当に心強いだろうなと思います。

 

流産後の夫の気持ちは?夫婦関係はどうなりましたか?

流産後の日々。流産手術は日帰りで済みますが、そのダメージは相当のものです。

妻の心と体が疲れ果てた様子を見ている夫は、どのような気持ちを持っていたのでしょうか。

妻の辛い気持ちは理解してくれているのでしょうか?

 

元気にふるまう妻に甘えてしまった

流産が分かったときはかなりショックを受けていたので心配でしたが、そのあとは吹っ切れたのかいつも通り家事も育児もこなしてくれました。
・・・というのは無理をしていたからだったというのが分かったのは、2週間後。ある日妻から、「しばらく実家に戻りたい」と言われました。本当は流産後に処方される薬の副作用も辛かったそうです。何より気持ちが回復しないと。それに気が付いてあげられなかったことを悔やみました。ごめん。

 

ほぼ会話なしの状態が1週間

流産を告げられた後どうしていいか分からなくて家の中にいるのが辛くて、その日は飲みに出てしまいました。妻を見ていると僕まで辛くなってしまうので・・・。
同じ理由で流産手術当日も、飲みに出かけました。飲みに行ったと言っても、酒を飲む気にはなれず1時間でその場を出ていたのですが家には帰りずらくて朝方までスタバで時間をつぶしました。妻は僕の行動に腹を立て、1週間以上口をきいてくれませんでした。今もあいさつ程度の会話しかせず、流産から2か月たっても夫婦関係がギクシャクしています。

 

数か月後に妻の怒りが爆発

流産が分かったときは話を聞いてあげたし、流産後はお弁当も作らなくていいと言いました。自分としては、妻に出来るだけのことをしてあげたつもりです。
でも何気なく言った一言(私自身覚えていないようなことです・・・)で、妻の怒りが爆発。「流産したときも、気持ちを分かってくれなかった!」と罵られました。そんな風に思っていたのかとショックでした。

 

そういう気分になれない

彼女の年齢的なこともあり、流産が分かった後にすぐ次の妊娠にトライしたいと言われました。また流産してしまったら妻の体はどうなるのだろうと不安で、そういう気分になれませんでした。
そのせいか夜の回数も明らかに減ってしまい、妻から不満を言われるように・・・。この間は親せきの赤ちゃんを見に行ったのですが、家に帰って「妊娠できなきゃ赤ちゃんなんて生まれない」と泣かれてしまいました。いったいどうしたらよかったのでしょうか。

 

流産後も夫婦関係がぎくしゃくしてしまうケースは多いようです。

特に不妊治療の末の妊娠や高齢妊娠となると、次の妊娠を焦る気持ちと、母体の回復にズレが生じ辛い思いをされてしまう方もいます。

夫の気持ちとしては「心配しているし、赤ちゃんも欲しい」という気持ちはあるのですが、それをうまく妻に伝えられていないのが現状ですね・・・。

すれ違いと言ってしまうとそれまでなのですが・・・。こればかりは、正直にお互いが話し合うしかないのかもしれません。




 

まとめ

流産後の夫の態度が冷たいと感じた女性は多いです。

「あの時ああしてほしかった」「あの時声をかけてほしかった」「あの時もっとそばにいてほしかった」、今でも思い出すと辛い気持ちになるかもしれません。

でもあなたの夫はきっと、どうしていいのか分からなかったんだと思います。

 

妊娠が分かったとき、妊娠を伝えたときの夫の様子を思い出してみてください。

 

笑顔じゃなかったですか?

「ほんとに!?」と目を見開いて嬉しそうに驚いていませんでしたか?

「俺もパパか~!」なんて言っていませんでしたか?

「名前を考えないとな~」と笑っていませんでしたか?

もしかしたら嬉しくて泣いた人もいるかもしれませんね。

 

それだけあなたの妊娠を心から嬉しいと思っていて、赤ちゃんが生まれてくることを望んでいたのです。

夫もあなたと同じ気持ちです。

 

同じ気持ちだけど、手術するのはあなた一人・・・。

自分は何もできない。

どんな手術かネットで調べても想像がつかない。

妻はすごく落ち込んでいる。

 

悩めば悩むほど、どうしていいのか分からなくなってしまうのです。

 

そして月日がたつ。

月日がたってあなたが元気そうになったのを見て、夫はいつも通りに話しかけてくる。

でもこの時だって「もう大丈夫かな?元気になったかな」って、すごくドキドキしながら話しかけているんですよ。

 

私自身も、男性の本音をまとめながら「そっかぁ。そういう気持ちだったのかぁ」と涙が出そうになってしまいました。

・・・男性って、不器用ですね^^;

 

 

 

あなたが妊娠を継続しやすい体質になるのをサポートしたい

『If You』




 

コメント