│流産経験から立ち直る│流産は親から娘へ遺伝する?

こんにちは。

親に流産経験があると、もしかして自分も流産するのでは・・・と心配になるかもしれません。

祖母、母親、自分と3代続けて流産したことがあるという人は、次の妊娠も怖くなってしまいますね。

ここでは、流産は親から子へ遺伝するのかについて解説していきます。




 

流産は親から子へ遺伝する?体験談をまとめました

親に流産経験がある人に、流産が子供へ遺伝するかどうかを尋ねてみました。

親が流産していたら子供も流産しやすいのでしょうか?5人のケースをご紹介します。

名前、職業、年齢:なな(派遣/26歳)
流産経験の有無 :アリ
遺伝すると思うか:思う結婚して5年たちますが、2回の流産を経験しています。現在は次の妊娠待ちです。実は私は一人っ子ですが、私が生まれる前に2回流産しているそう。母は「私の体質が遺伝したのかしら」と何かにつけ言うので遺伝ってあるのかな…と思います。だとしたら次は流産しないのかな。そう思いたいです。

 

名前、職業、年齢:匿名希望(パート/31歳)
流産経験の有無 :アリ
遺伝すると思うか:思わない2人の女の子がいます。間で1回流産を経験したときに「実はお母さんも流産したことがあって・・・」と話を聞きましたが、遺伝は関係ないと思います。周りにも親が流産を繰り返しているケースはありますが、普通に出産している子が多いので。病的なものでなければ、遺伝はないんじゃないでしょうか。

 

名前、職業、年齢:匿名希望(大学生/21歳)
流産経験の有無 :アリ
遺伝すると思うか:思う19歳の時に一度妊娠しましたが、心拍確認前に流産してしまいました。ネットで調べたらおばあちゃん→お母さん→娘と流産が遺伝している人が多いみたいです。私のおばあちゃんも昔3回流産したと言っていたので、代々続く遺伝なのかなと思います・・・。怖いです。

 

名前、職業、年齢:こっちゃん(家事手伝い/23歳)
流産経験の有無 :なし
遺伝すると思うか:思わない8か月の双子のママです。流産した経験がないのでハッキリとは言えませんが、私の産婦人科の先生は遺伝なんてナイと言っていました。(親が流産歴のある人なので、一緒についてきたときに先生に質問していました;)

 

名前、職業、年齢:まさたかママ(保育士/31歳)
流産経験の有無 :なし
遺伝すると思うか:わからない自分の母親が流産を経験しています。私は2人の男の子のママですが、流産経験はありません。ただ妊娠初期から中期まで出血があり、自宅安静を指示されていました。母の場合は自営業で休むことができず流産してしまったという話を聞いたので、私も安静にしていなかったら・・・と頭をよぎります。

 

親が流産しているからと言って、娘が流産しやすくなるということはないようです。

医学的にも親の流産が娘に遺伝するという科学的根拠はありません

流産が遺伝しないと分かるだけで、ホッとしますね。

でも親と娘、2代で流産している人は結構います。どうして医学的根拠がないのに親子で流産を経験するケースが多いのでしょうか。

 

その理由は2つ考えられます。

1つめは、精神的なストレスです。

「母親が流産しているから、私も流産してしまうかもしれない」という不安がストレスとなり、流産リスクを高めているのかもしれません。

流産経験のある母親が子供を心配するあまり「アレはダメ、これもダメ」と干渉したり、「流産するかもしれないから・・・」と何かにつけ構ってくるのもストレスになります。

ただしストレスがあると流産するのかというと、そういうわけではありません。

ストレスを感じたときに起こる体の反応が、流産リスクを高める可能性があるということです。

 

2つめは、単なる確率の問題です。

流産する確率は34歳までの女性の場合、全妊娠の15%。

さらに35歳では20%、40歳では40%、42歳では50%、42歳以降は80%まで跳ね上がります。

つまり母親が流産したのが遺伝したのではなく、確率的の問題で親も子も流産しただけということです。

確率だけ見ると、流産は決して珍しいことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

私が流産したとき、「産婦人科に10人の妊婦さんが訪れたらそのうち2人は流産してしまうんだよ」と言った産婦人科医がいました。その時は気休めだと思いましたが、今考えるとそれは事実だったのだと感じます。




 

流産は遺伝しない!でも体質や生活習慣は遺伝するかも

先ほどもお伝えしたように、母親が流産しても子供に遺伝することはありません。

でも母親と子供では体質が似ています。

特に長い間一緒に生活していると、生活習慣まで似てきます。

何を食べるのか、どんな生活をするのか。

このような面が似ることで、流産リスクを引き継いでしまう可能性はゼロではありません。

 

もしあなたが以下のことで悩んでいるのなら、「酵素」を使った体質改善で流産リスクを減らすことができるかもしれません。

 

  • 母親が何度も流産している
  • 母親と体質が似ている
  • 母親と同居している(生活習慣が似ている)
  • 親の流産が遺伝してしまうのではと不安
  • 生理周期がバラバラ
  • 手足が冷えやすい
  • 野菜やたんぱく質の量が足りているか不安

 

酵素サプリメントはいろいろと販売されていますが、妊娠中もしくは今後の妊娠に備えて飲む場合は「品質」重視で選ぶ必要があります。

 

 

 

人気があるのは、酵素タイプのサプリメントやドリンク。

なお酵素で体質改善する目安は3か月と言われていますが、これは血液の入れ替わりサイクルが100~120日だから。

 

ただし、値段で選ぶようなことはなさらないでください。

あなたとあなたの赤ちゃんの体のモトになるわけですから・・・。

 

安い酵素サプリや酵素ドリンクには、安い理由があります。

妊娠中や、これから妊娠しようというあなたが飲むべきではありません。

 

あなたの体は、価値のある大切なもの。

ぜひ品質重視で選んでみてくださいね。

 

『If You』




コメント