│流産経験から立ち直る│妊娠して心音確認しても流産する確率はある?

こんにちは。

妊娠して心音が確認できたら流産する確率がグッと減る

そんな話を聞いたことはありませんか?

私が持っている2003年初版の妊娠・育児本にも、「心音が確認できれば一安心!」と書かれていました。もしそうだとしたら、心音を確認できたあとはホッとひと安心です。

 

でももし違うとしたら・・・ちょっと心配になってしまいますね。

そこで妊娠して心音確認後は本当に流産しないのか、流産するとしたらその確率はどれくらいあるのかをまとめました。

 

妊娠して流産する確率はどれくらいあるの?

妊娠しても流産してしまう確率は、全妊娠の15%。(ただし35歳以上の高齢妊娠の場合は確率が上がります)

そのうち80%以上は、妊娠初期12週目までに起こると言われています。

心音が確認できるのは妊娠6週目~7週目が多く、どんなに遅くても8週目にはドクドクと脈打つ心音を見ることができるでしょう。

 

ここで気になるのは、心音確認後の流産の確率ですね。

心音確認後の流産は、約5%ほど。

心音がはっきり確認できれば流産の可能性は2~3%にまで下がるというデータもあります。

妊娠初期全体の流産が15%だということを考えると、心音確認後の流産確率がグッと下がることが分かりますね。

 

心音確認後流産する確率は低いのか高いのか

あなたは、心音を確認した後の流産確率5%は高いと感じますか?それとも低いと感じますか?

 

ほとんどの育児書では「心音確認後は流産の心配が減って一安心」と書かれています。

実際に私が資料用として調査した14冊の育児書全てで「心音確認後の流産確率が下がる」ことがポジティブな表現で書かれていました。

 

今現在妊娠している人にとっては、「そっか!15%あった流産確率が5%にまで下がるんだ。流産の心配はかなり減るんだな」と前向きにとらえる良いチャンスになるかもしれません。

 

でも忘れないでほしいのは、流産する確率は5%残っているということです。

不安をあおるわけではないのですが、妊娠して心音を確認できたから絶対に流産しないというわけではありません。

 

おそらくこのサイトをご覧いただいている中には、心音確認後に流産に至ってしまった方もいると思います。

その人にとっては心音確認後の流産確率が15%だろうが、5%だろうが関係ないことです。

起こってしまった本人にとっては、流産の確率は100%以外の何物でもないのですから。

私自身3回の流産を経験していますが、実はいずれも心音確認後でした。しかも不妊検査も不育検査も異常なしです。たった5%の確率なのに、どうして自分に3回も起こってしまうのか・・・本当に悩みました。

 

【流産してしまった女性へ】心音確認後の流産を減らす方法はあるのか

妊娠して流産しない方法があるのなら、試してみたいと思うのは当然のことだと思います。

でも残念ながら、毎日何十人もの妊婦さんと接している産婦人科医でさえ、100%流産を防ぐ方法はありません

 

不妊症や不育症で数々の妊婦さんと接し、成功を収めている有名な医師でさえ「妊娠する」という事実には何か大きな力が働いているとしか思えない・・・と言います。

つまり科学の力ではどうしようもないことが多く、仮に今後科学の力で無理やりにでも命を操作できたとしても「やるべきではない」という意見が多いのです。

不育症(赤ちゃんがお腹の中で育たないこと)研究所で院長を務める「杉 俊隆」さんは、こういっています。「人事を尽くして天命を待つ」というメッセージを送りたい、と。

 

私自身3回の流産を経験していますので、心音が確認できたあとに何が何でも産みたいという気持ちは痛いほどよく分かります。

お金を積めば流産しないというのなら、100万円でも200万円でも用意すると本気で思いました。(一般サラリーマン家庭でそんなお金は、到底ありませんが・・・)

それぐらい、命を失うことの辛さを感じていたからです。

 

心音が確認できた後の流産は、特につらいですよね。

辛いという言葉を使っていいのか悩むほど、言葉にしがたい思いです。

心音があったということは、ほんのわずかな時間でも赤ちゃんは確かに「そこで生きていた」ことなのですから。

 

私もいろいろと調べました。実際にいろいろな方法を試しました。

でも心音確認後に100%流産を防ぐ方法は分かりませんでした。

だけど心音確認後3回の流産にストップをかけられた今、言えることが1つあります。

 

今あなたが出来ることがあるなら、それをやった方が良いです。

可能性があるとかないとかじゃなくて、やった方が良いです。

 

何もしなかったら、何も変わりません。

でも何か始めたら、もしかして変わるかもしれないです。

 

何もしないで次の妊娠を待つより、何か始めた方が「不安な気持ち」や「辛い気持ち」がほんの少し楽になります。

ゼロにはならないけど、ほんの少しだけ前向きになれるはずです。

 

私が試した方法で一番良かったと思うのは、自分の体質改善。

医者に行って排卵日を調整したり、セックスのタイミングをうかがうのは、夫婦にとって精神的負担が大きいです。でも体質改善なら、気軽な気持ちで出来ます。クロミッドなどの副作用もないし、ストレスがないどころか体調が整います。そして私自身は、体質改善に大きな効果を感じでいます。

 

 

あなたが前向きに次の妊娠に挑めるような、良いヒントが見つかりますように。

 

 

『If You』

 

コメント