│流産経験から立ち直る│体質改善セルフチェック!あなたはどのタイプ?

このページは次こそは元気な赤ちゃんを育てたい、元気な赤ちゃんを産んであげたいという方のために、体質改善のセルフチェック方法をご紹介します。

 

赤ちゃんがうまく育ってくれない。

妊娠しても初期で流産してしまう。

 

妊娠全体の約15%に起こる流産ですが、実際に流産してしまった人にとっては「100%」にしか捉えられないかもしれません。

流産はそれほど辛いものです。

 

でもあなたがここに来てくれたということは、もう一度妊娠したいと「心」が感じているのではないでしょうか。

もしそうなら、赤ちゃんを育ててあげるための「体づくり」をはじめてみませんか?

体づくりには4つのタイプがあります。あなたにはどのような体づくりがひつようなのか、セルフチェックしてみましょう。

 

妊娠・出産するための体づくり『体質改善チェックシート』

以下の20項目について、あてはまるものに✓をつけてください。

 1.肉や魚より、豆腐や納豆など大豆製品を良く食べる

 2.体型維持や健康のために野菜中心の食生活にしている

 3.卵は毎日食べない(コレステロール値が気になるため)

 4.月経周期※が24日以下
※生理が始まった日を1日目として、次の生理が始まるまでの期間のこと

 5.月経周期が39日以上

 6.ダイエット中である

 7.低カロリーな食生活を心掛けている

 8.体重が40㎏以下である

 9.BMI※指数が18以下の痩せ型である
※BMI・・・体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m))
例)体重50㎏、身長150㎝の場合
→50÷(1.5×1.5)=BMI22.2

 10.BMI指数が25以上のポッチャリ体型である

 11.体のことを考えて肉はあまり食べない

 12.生理の出血量が多い気がする

 13.めまいや立ちくらみを感じる

 14.手足の冷えに悩んでいる

 15.頭痛や肩こりがひどい

 16.仕事や家のことでストレスを抱えている

 17.ストレス解消に甘いものを良く食べる

 18.お酒をよく飲む

 19.タバコを吸っている

 20.毎日30分以上キツメの運動をしている

 

※参考資料:35歳からの栄養セラピー妊娠体質に変わる食べ方があった!/青春出版社 

 

 

あなたはどのタイプ?『体質改善診断結果』

✓が一番多くついたタイプが、あなたの体質タイプです。
※✓の数が同じ場合は、両方のタイプを読むことをおすすめいたします。

『〇〇タイプ』部分をクリックしていただくと、各タイプの詳細ページが別ウィンドウでご覧いただけます。

 

 

 

・項目1~5に〇が多くついた人

生理が毎月ちゃんとこない、もしくは生理がない

 

・項目6~10に〇が多くついた人

ダイエットのしすぎ、もしくは食べ過ぎの

 

・項目11~15に〇が多くついた人

冷え性で疲れがたまりやすい

 

・項目16~20に〇が多くついた人

ストレスでお酒やタバコがやめられない

 

コメント